家を建てるなら工夫が一番~狭くてもアイディアで勝負~

草原の中の一軒家

ピックアップ

狭い土地だからこそ

狭小地に住宅をたてるには、いくつかのメリットがあります。そのメリットを最大限にいかすことで最高の恩恵を受けることが可能です。狭い土地だからこそ工夫をこらして立派な家を建てましょう。

詳細を確認する

建売or注文

マイホームを建てるなら注文住宅か建売住宅のどちらかになります。どちらにもメリットがありますが、注文住宅ならば自分の理想的な家を建てることが可能になるので人気がでてきています。

詳細を確認する

比較ではなく基準を

住宅を建てることは夢であることが多く、いざ建てるとなると住宅ローンに加入して建てることがほとんどです。ですが、借りた額イコール返済出来る額ではないのでしっかりと考えて建設しましょう。

詳細を確認する

新築の魅力

理想としているマイホームを建てることができます。注文住宅は京都のハウスメーカーに相談して設計しておこう。

静岡で工務店をお探しならこちらへ。住まいのさまざまな理想を忠実に再現し、快適な生活を送ることができますよ。

意外と知られていない新築住宅

例えば、住宅を1棟タダでもらえるとしたら新築住宅と中古住宅ではどちらを選ぶでしょうか。おそらく9割の人は新築住宅を選ぶはずです。その理由は、新しいからです。誰も住んだことがないからです。設備が最新だからです。その他もいろいろなメリットがありますが、仮に新築住宅が中古住宅よりも価格が高かったとしてもそれでもなお新築住宅を選ぶ人が多いのではないでしょうか。 新築住宅が有利なのは、保証が付いているということもあります。新築住宅を購入すると5年保証や長いところでは20年保証がついてくることもあります。ただし、すべての部分を20年保証してくれるとは限りません。 それでも保証期間が定められている点は大きなメリットと言えます。

中古住宅に魅力がないのはなぜか

新築住宅に対して中古住宅はあまり魅力を感じる人がいません。それは、すでに使いこまれていて、これから先何年持つかわからないという不安や、前の住人が定期的に住宅のメンテナンスをしていたかどうかという点もわからないからです。このように住宅を購入する方もそうですが、不動産会社も同じように中古住宅の販売にはそれほど魅力を感じていないというのが本音ではないでしょうか。何故なら中古住宅は新築住宅に比べると仲介手数料が半分しか取れないからです。 ただ、日本の今の課題としては、増え行く中古住宅を少しでも売っていかなければ仕方がありません。 今後中古住宅の価格がさらに下がれば、魅力は増してくるでしょう。リノベーションをしてもなお新築住宅よりも安ければ価値があると言えるのです。

土地が狭くても家を建てることができます。狭小地にも対応してくれる住宅会社をこちらで調べてみましょう。

関連リンク